これからのこと

昨日は仕事に行く気に慣れず家でずっと達也君のニュースを見てた。
気持ちが止まってなぜ涙が流れるのかわからなかった
悔しいとか悲しいとかとも違うし、達也君の弱さに対する心配とか、
TOKIOがどうなっていくのかの心配とかいろんな思いがごちゃ混ぜになってた。
今日は仕事が溜まってたので淡々と仕事をこなしてたけど、心は達也君のことでいっぱいで油断すると涙がこぼれそうになってた。

でも、だんだんとなにやってんだろ。20年以上何をしてたんだ自分となんだか笑えてきた。

こんなことでTOKIOが活動をできなくなるなんて、誰が想像しただろう(笑)

TOKIOがなくなるとしたらメンバーが死んだ時だと思ってる。
 
何度も解散の危機があった事もなんとなく見てたら空気でわかったけど、それでもこの人たちは乗り越えていくだろうなと思ってた。

その気持ちは今も変わらないけど、こんなバカバカしい理由でTOKIOが危機に面するとは思いもしなかったわ

※バカバカしいと言うのは事件の内容ではなくて達也君の自覚のなさのことです。

だから、とにかく今は他のメンバーの活動を応援するというよりは思いっきり楽しむことにした。

島茂子の始球式にリサイタルにこんなふざけたことを全力で本気でやる人を神妙な顔して応援するよりは、思いっきり乗っかって楽しんだほうがいいじゃないですか!

達也君は自分ができることをちゃんと考えて、まずは自分がアルコール依存症だって自覚してアルコールを絶つように頑張ってください。
それと共にベースの勉強をやり直してください。

いつか表舞台に出てきたときにびっくりするくらい素敵な男性になってファンにお帰りなさいを言わせてください。

TOKIO

山口君が無期限謹慎になった

解散という道を選択しなかった事務所とメンバーに感謝

デビュー25周年ライブは遠のいたけど、30周年記念ライブまでには戻ってこれたらいいね。

無期限で待つ覚悟をくれたメンバーのコメントを忘れないようにここに記録しておきます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

城島茂
この度は被害に遭われた方に対しましては心より深くお詫び申し上げます。そして被害者のご家族の皆様におかれましては大変な憤りを感じていらっしゃることと存じます。山口達也の犯した行為は例え示談が成立したとしても、大人として、そして離婚したと言えども二児の父親である以上、決して許されることではありません。これまで山口達也と言う人間を信頼してくださったファンの皆様、共演者の皆様、そして関係者の皆様、本当に申し訳ございません。グループをまとめるリーダーとして、男として情けない限りです。同じメンバーとして山口達也には今回のことを誠心誠意償うことを望みます。

TOKIO 城島茂

国分太一
この度は、同じグループのメンバーでもある山口達也の強制わいせつ容疑で、大変ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
被害にあわれた方にはメンバーとして謝罪させていただきます。
本当に申し訳ございませんでした。
正直、まだ自分も頭の中の整理が出来ていない状態ではありますが、山口が起こしたことは絶対に許されるものではありません。
これまで山口達也を信じて応援してくださっていたファンの皆様、そして、一緒に仕事をしてくださっていた関係者の皆さんを悲しませ、裏切るようなことをしてしまい誠に申し訳ございませんでした。

TOKIO 国分太一

松岡昌宏
この度、TOKIO山口達也が起こした件は、絶対に許される事ではなく、何よりも被害者の方には、TOKIO一同、申し訳ない気持ちでいっぱいです。そして、関係者の方々、これまでTOKIOを支えてくださった方々にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ファンの皆様へ…
この度はTOKIO山口達也の事で、皆様に多大なご心配をおけしている事、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

重ね重ね申し訳ありませんでした。

TOKIO 松岡昌宏

長瀬智也
関係者各位、ファンの皆様へ
この度、我々TOKIOのメンバーである山口達也があってはならない過ちを犯し、ご迷惑ご心配をお掛けしたこと深くお詫び申し上げます。今後、本人とメンバーで話し合い、僕たちに何が出来るのかを考えていきたいと思います。申し訳ございませんでした。

TOKIO 長瀬智也
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

三日目

今日で沖縄ともお別れです。
せっかくなので午前中に首里城へ行ってきました。

ホテルをチェックアウトしてまずは荷物をコインロッカーに預ける。
ところがゆいレールの駅には大きなコインロッカーが無いとのことで
那覇空港のロッカーへ預ける事に。

ゆいレールには1日乗車券(800円)があるので、今日はそちらを購入

県庁前→那覇空港首里→古島駅→那覇空港の移動なので十分元は取れます。

那覇空港から首里までは先頭車両の先頭席ですっかり鉄ヲタ気分(#^.^#)


首里城を堪能しつつ、13時からの練習試合に向けて急いで回ったので次はゆっくり回りたい。

球場に着いたらまずは御朱印帳の最後のページに御朱印をいただく
無事にお守りもゲットできました。

今日はDeNAとの練習試合
7年ぶりの1番センター青木です!
しかも、DeNAさんはヒロヤスも呼んでくれた

試合はカツオくん、由くん、近藤さん、田川君の好投と哲人ツーラン、ハタケソロで快勝

途中でしたが、主力選手が交代したところで慎吾くん探しの旅へ

といいつつ陸上競技場へ行ってみると近藤さんがトレーナーさんと二人で調整中
さっきの好投を見た後なのと昨日のドキドキの続きでもう目はハートです。

見学してるファンがほとんどいない中独り占めですよ
でも、あまりにも人がいなすぎで恥ずかしい。

時間の許す限り見学して、最後にお疲れ様と声を掛けて空港へ

私の浦添キャンプの旅は近藤さんに始まり近藤さんに終わる
完全に近藤さんに恋に落ちる旅でした。

二日目

青木さんの練習を見れるのが午前中だけということで、早々に球場へ向かう

ところが昨日の雨でメイングランドが使えない。

なんてことでしょう!!!!
室内練習場の遠くから眺めるだけですよ。

なんて嘆いていたら、青木さん、ココちゃん、グッチが河田コーチと共に外野の守備練習で出てきた\(^o^)/

ところで肝心の差し入れですが、投手陣にあげるために持ってきたので昨日と同じ陸上競技場へ移動
練習終わりを見計らって渡す作戦。

なんと近藤投手がサインをしてくれるではないですか!!!
しかも、急ぐ様子もなくずっといるので、サインを貰った後もそばにいて最後に写真を撮らせてもらいました。
なぜツーショットではないかというと、こんなに近くで会えると思ってなかったら私の風貌が酷かった(^_^;)
ということで、私の代わりにユニと一緒に撮ってもらいました。
マジックの出が悪かったようで、ちゃんと出なかったと話しかけられてもう舞い上がってしまった。
人間って好きな人を前にするとガタガタと震えるんですね。
もう完全に恋です(笑)

他の人達がサインもらいながら楽しそうに話し込んでてうらやましいけど無理

近藤投手にサインを貰ってるとカツオくんも即席サイン会が始まりましたが、近藤さんの横でカツオくんにもサインをねだる勇気は無く、差し入れを渡すだけにとどめる。
完全に乙女です(笑)

ベテラン投手と入れ替わりに寺島君や梅野君がやってきたのでそのまま陸上競技場で見学。
少しだけ慎吾がトレーニングしてた。

2人は戻る時もサインをする余裕もなく急いで戻っていくので、梅野君に声を掛けて差し入れを渡すことができました。

ただし、急いでいた理由は、裏方さんの努力でメイン球場が使用できるようになり
本来のメニューのために呼ばれたようです。

メイン球場でほぼメインの野手の練習が始まったので、青木さんも堪能できました。

お昼は球場近くにある沖縄そばの有名店「てだこそば」で本場の沖縄そばを堪能
普通に行列ができる有名店でした(笑)

店内には他球団の選手のサイン色紙が多数飾ってあり、スワローズからは哲人と廣岡くんのサインが並んで飾ってありました。

午後はみなさん室内練習場へ行ってしまい、明日の練習試合に向けて早めに切り上げるということでした。

せっかく沖縄まで来たのにあまり練習を見れずに残念でした。
日程のチョイスは大事ですね。
普段は19時くらいまでやってたそうです。
まだ早い時間でしたが、練習がないのか慎也さんが希望する人全員にサインを応じてました。
更に、私服に着替えた雄平選手も即席のサイン会が始まり、全員にサインしてくれました。

せっかくなのでサインいただきました(笑)

燕パワーDAYの時のミニヘルメットに金のマジックでお願いしたら、黒が良いと言われ探してたら、雄平選手自ら近くのファンに黒マジックを借りてくれて書いてくれました。

なんていい人なんだ(#^.^#)

普段ならここまでと止められるでしょうが、そこにいる全員にサインをしてくれました。

お疲れ様です。

さて、この後は御朱印集めの旅です。
タクシーでさくもと浦添店を目指します。
普通のホームセンターです。

次は浦添グスク・ようどれ館
何かの資料館だろうと思いましたが、地元のタクシーなのに知らないらしい。
散々迷ってたどり着きました。

ここはタクシーより球場から歩くほうが確実です。

昨日の美術館で浦添が元々の琉球王国らしいという知識を持ってたのでその跡地だした。
ようどれ館は浦添グスクのレプリカを展示した資料館で、そこから徒歩5分の所に本物のグスクがあります。
御朱印はようどれ館への入館が条件です。

やはり本物のグスクも観たいので行ってきました。
お勧めです!

首里城も素晴らしいですが、歴史を感じるには最高です。



帰りは歩きで球場まで。
噂の階段を通って戻ってきました。

5時前だったのですが、選手が続々とタクシーで帰って行きました。
我々も早めにホテルへ戻り着替えて夕飯へ

昨日の失敗を踏まえて、今日は歩いて探すことに!

国際通りを抜け、市場通りを抜け、観光客がいなくなったくらいに地元臭プンプンのお店を発見
外にメニューが出てたので確認して中へ

沖縄料理をメインに(連れが海ぶどうを食べたいというので海ぶどうがあるかをまずは確認した)家庭的な雰囲気の良いお店

ところが、私がうめちゃんのインスタを見てかわいい!!!と言ったとたん隣の席から「うめちゃん?キャンプ?」と話しかけられそちらを見たら阪神ファン(笑)
阪神ファン分かり易いわ
「そっちのうめちゃんじゃないです」とうめちゃんのインスタを見せたら「かわいい」と褒めてくれたので許す

キャンプ見学に遠征してきたガチ阪神ファンでしたが、楽しく野球談議ができました(笑)

どうやら他のチームのキャンプはそうそう選手とコミュニケーションをとれる距離ではないらしい。
スワローズは選手と近くていいねと羨ましがられました。

お店の料理はおいしくて安くて満足です。
ぜひ沖縄に行くことがあるよでしたらお勧めです。
国際通りのそばです。

初日

全日空 羽田空港07:50発−那覇空港10:45着

朝5時起きで6時半には羽田空港に着いてしまう浮かれっぷり。
東京寒い、でもこれから行く沖縄もそう暖かくはないとの情報

さて、富士山を横目に飛行機は沖縄へ

なんだここは!!!!!暑いぞ!
南国ですよ。真冬の格好のコートが邪魔

友人ともども荷物は少ないのでまっすぐ球場へ向かう予定だったけど、
コートが邪魔だし暑い!
ホテルに荷物を預けることにする。

ゆいレールに乗って西鉄リゾートイン那覇で荷物を預けて身軽になる

ゆいレール 那覇空港前駅→県庁前駅→古島駅 
           260円  260円
バス    古島駅→浅野浦バス停 210円

安いです。

球場まで交通手段を事前に調べてましたが、バス停から球場まで迷わないか心配

バス停を降りたらもうスワローズの幟が立っていたので、幟に向かって歩いていくと陸上競技場で投手陣がトレーニング中
凄い近いです。

初めてのキャンプ見学、どこに何がわかるか不安でしたが、行けばどうにかなるものです。

しかも、早速知り合いを発見!
選手の状況を聞き、ツイッターで見ていたタイムスケジュールの掲示場所を教えてもらう
ついでに慎吾離脱を知りツレがショック!

そうこうするうちに投手陣の練習が終わり、近づいてくるではないか!!!!
由くんです!みんなサインをもらっています。
とはいえ、ファンの数はそう多くない。20人もいないかも

ということで由くんのサインをゲット!!!!

とりあえず、今日は浦添球場がどうなっているか、どこで練習しているかを探索

まずはつば九郎神社にご挨拶

簡単なアンケートに答えると絵馬をいただけます。
絵馬にはもちろん「優勝祈願」


さらに、浦添市内で1000円以上のお買い物をすると御朱印帳をいただけます。
グッズ売り場でも良いとのことなので、明日着るTシャツを購入。

更に4か所の御朱印所を回るとプレゼントがいただけます。
レシートがなかったので、購入したTシャツと値札を見せて御朱印帳をゲット



すでに3時近くなってたので、目的の青木宣親さんはこの後は室内練習にこもってしまうらしい。
ということで、御朱印集めに美術館へむかうが、土地勘がないもので着いてみれば球場を出て目の前なのにだいぶ遠回りをしてしまった。

美術館で浦添首里城以前は浦添宮があった場所だと知る
御朱印無事ゲット

そろそろ何か食べようと云う事で、御朱印場の魚福を目指す。
徒歩15分くらいで到着。
「てんぷら、さしみ」の看板を見て食堂だと勘違い
地元のお魚やさんでテイクアウトはできる。
腹が空いて仕方ないので、お刺身とてんぷらを購入し、隣のお店でビールを調達してお店の前のベンチを借りて食べることにした。
御朱印もゲット

隣のお店というのが、30年も前に浦添市民球場を作ってプロ野球球団を誘致しようと奔走した市議会議員さんの奥さんのお店で、スワローズが浦添市と契約した調印式の写真が飾ってあるということで見せてもらった。
まさかの浦添球場史を聞けた(笑)
以前はいろんな選手が来てたらしい。
今の選手はわからないんだって。


2月に外で地物のお刺身をつまみながらビールを飲むなんて考えられない!!!
沖縄サイコー!
そのくらい暑い

雨も降ってきました。
まるで夕立

球場に戻る予定でしたが、そのままバス停へ戻ってホテルと帰る。
けっこうな雨が降ってましたが、ホテルに向かう前に国際通りをぶらぶらしてお土産さがし。

会社へのお土産と選手への差し入れを購入
あまりにも選手との距離が近いので、サインを貰うだけでは申し訳ないから心ばかりの差し入れを購入。これも旅先だからできること。今まで一度も差し入れしたことないですもの。

一旦ホテルへ戻り夕飯のお店を食べログで探索
国際通り+居酒屋で検索して1位のお店へ向かうとそこはGの選手のサインボールにサイン色紙やバットが飾ってあるGさん応援のお店

最悪です。料理は安くておいしい。
お店に罪は無い(のか?)

これで1日目終了